加齢臭を指摘されたのならきちんと改善しよう

食生活と石鹸で対策

婦人

もう臭いとは言わせない

自分が加齢臭だと自覚するのが家族からの指摘です。枕やシャツからおじさんやおばさんの香りがすると言われたら、もう立派な加齢臭持ちです。若いころには全然匂いがしなかったのに、三十代に差し掛かると体内にある脂肪酸が分解されたり、参加することで独特の香りを体内から発することになります。原因としては若い頃と同じ食生活を送っている点です。若い頃は、肉類を大量に食べても体内にある抗酸化物質によって匂いを抑えることができましたが、歳を重ねるにつれて抗酸化物質が激減します。だから、三十代になっても揚げ物など脂っこいものを食べ続けると加齢臭を出しやすくなるので、食生活と加齢臭を抑える石鹸等で対策をしていくしかないです。食生活でできる対策は積極的に繊維質が高い野菜を摂取することです。言うまでもなく食物繊維は便を出しやすくする成分です。加齢臭の原因となっている脂肪酸を便と一緒に追い出すことで匂いを提言することができます。そして体内の抗酸化物質を上げるには、パイナップルやホウレンソウ等の酵素が多く含まれている野菜や果物を取ることも大事です。できるだけお肉類を控え、野菜を積極的に取ると加齢臭を抑えることができます。また加齢臭を抑える石鹸を毎日使うことで匂いを抑えることができます。普通のせっけんと異なり、加齢臭の元を根絶する柿渋エキスやミョウバン、緑茶エキス、銀イオン、クロロフィル等の力により匂いを防ぐことができます。綺麗に体を洗浄すると同時に、匂いの源を極力消してくれるので、毎日使用していきたいです。食生活の改善と石鹸の併用でもう臭いとは言わせたくないです。