加齢臭を指摘されたのならきちんと改善しよう

髪の毛と肌で対策を変える

女の人

女性ホルモン低下に反比例

女性は大人になると子供を産むことができるようになります。その時には女性ホルモンによっていろいろな防御をしてくれます。女性らしいのもたくさん分泌される女性ホルモンのおかげです。ただ、年齢が上がってくると少しずつ女性ホルモンの分泌が減ってきます。そして閉経すると一気に女性ホルモンの分泌が低下します。加齢臭は男性のもののイメージがありますが、女性でも起こります。女性の場合、女性ホルモンの低下と反比例するように増えてきます。加齢臭は閉経後により強くなりますが、それ以前でも減っている過程では臭いが強まっています。気が付きにくいだけに、対策も難しくなります。普段のケアに加えて、加齢臭対策をしておく必要があります。加齢臭が起こりやすい場所としては、頭、首筋、そして顔であったり胸元などもあります。皮脂が多く分泌するところで発生しやすくなっています。皮脂であったり、その皮脂を元に繁殖する菌などが臭いの元になることがあるので、殺菌力の強い洗剤などを使うと良いかもしれません。殺菌力が強いから肌に刺激が強くなるわけではありません。加齢臭対策の商品としては、薬用のボディーソープなどがあるので、そちらをうまく使うと予防することが可能になります。頭皮は特に臭いが強く出ます。皮脂の分泌が多いからですが、あまり洗浄力の強いものを使うとより皮脂が多くなる場合があります。適度な洗浄力と保湿効果のあるシャンプーを利用すると、頭皮環境を整えることができます。